プレステ2新着

2007年11月22日

ドカポンキングダム


ルーレットを回して、いざ冒険の旅へ!
1993年の初登場以来、すっかりおなじみのRPG風ボードゲーム「ドカポン」シリーズに仲間が加わった。
その名は「ドカポンキングダム」。 七つの大陸を舞台に友情と裏切りの冒険が始まる!

2007年11月12日

マネーすごろく カブコロ


株を題材にしたボードゲーム。基本ルールはサイコロを振ってマスを進み、ステージごとに設定された資産を集めてゴールを目指すというものになっています。

2006年09月29日

桃太郎電鉄16 北海道大移動の巻

北海道に大寒波襲来!史上かつてない大寒波が北海道を直撃! 交通はマヒし、空路・航路も閉鎖してしまう。物件も、鉄道も全てが無期休業に…そして、北海道に残されたプレイヤーは 氷漬けで行動不能となる!地質学の世界的権威インチーキ博士のアイデアで、凍りついた北海道を四国沖に移動させ、氷を溶かすという奇想天外すぎる計画が始動! な、なんと北海道が南へ移動した!
(関連商品)
ハドソン公式攻略本 桃太郎電鉄16 北海道大移動の巻!激勝!爆笑!一生日本一ガイド

2006年07月05日

プレステ2:億万長者ゲーム

EX億万長者ゲーム
EX億万長者ゲーム
posted with amazlet on 06.07.05
タカラ (2001/12/27)
売り上げランキング: 2,687

タカラの人気ボードゲーム『億万長者ゲーム』のプレイステーション2版。マップからコマまですべて3Dにして、演出にもこだわった内容に。ルーレットを回してコマを進めながら、土地、株、増資、独占、交渉、乗っ取りといった行為をうまく使って資産を増やしていく。 

プレステ2:いただきストリート3 億万長者にしてあげる!〜家庭教師付き!〜

いただきストリート3 億万長者にしてあげる!〜家庭教師付き!〜
エニックス (2002/02/28)
売り上げランキング: 2,235

「ドラクエ」シリーズの堀井雄二がゲーム企画原案、監修を行っている「いただきストリート」シリーズの第4弾。コンピュータボードゲームの定番といえる人気シリーズ作品。

プレステ2:ガチャろく

ガチャろく
ガチャろく
posted with amazlet on 06.07.05
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2002/12/05)
売り上げランキング: 2,813

とにかくおもしろい!1人でもおもしろいけど
2人でやると相当燃えます。
今は2が欲しくてたまらないです。
もっと流行って欲しいなぁ。。。
知名度低く、周りの人との会話できないのが残念。

プレステ2:桃太郎電鉄11 ブラックボンビー出現の巻

桃太郎電鉄11 ブラックボンビー出現の巻 (Playstation2)
ハドソン (2002/12/05)
売り上げランキング: 1,459

ボードゲームの定番、シリーズ11作目となる本作。タイトルどおり、ブラックボンビーの出現が新たに加わった。また前作のオマケ「九州編」での鉄道購入システムが本編に導入され、さらに熱い戦いが期待できる。

プレステ2:魁!!クロマティ高校

魁!!クロマティ高校
魁!!クロマティ高校
posted with amazlet on 06.07.05
デジキューブ (2003/02/20)
売り上げランキング: 3,983

すごろくゲームです。止まったところで様々なクロ高の生徒のアニメーションやミニゲームが展開されていく感じです。
漫画が好きな人には楽しめると思いますのでオススメ!

プレステ2:EX人生ゲームII

EX人生ゲームII (通常版)
タカラ (2003/11/06)
売り上げランキング: 1,515

タカラの人気ボードゲームである「人生ゲーム」がPlayStation2用タイトルとして登場。キャラクターやイベント、ボードが全て3D化され、テレビゲームならではの演出が面白い。

プレステ2:桃太郎電鉄12 西日本編もありまっせー!

桃太郎電鉄12 西日本編もありまっせー! (Playstation2)
ハドソン (2003/12/11)
売り上げランキング: 569

ボードゲームの定番、シリーズ12作目となる。日本全国をサイコロを振って鉄道や汽船を使ってめぐり、各地の物件を購入してその収益を競い合う。また今回は西日本エリア(九州除く)だけを使って遊ぶモードも収録。

2006年06月29日

プレステ2:桃太郎電鉄15 五大ボンビー登場!の巻

桃太郎電鉄15 五大ボンビー登場!の巻
ハドソン (2005/12/08)
売り上げランキング: 136

毎回、新しいアイデアが盛り込まれるがどうもパッとしない。ゲーム自体のできは非常にいいが…。本作はさくまがとてつもなく強い気がする。特に序盤は厳しい。絶好調モードはなかなか良いが、偏りがあるのが難。マップもずっと変わらないので次回作は駅数を大幅アップ&物件数大幅アップして欲しい。グラフィックも特に進化したと言う感じではない。と言いつつ毎回買ってしまう。このゲームは一人でやってもつまらないので2人以上でやるべし。

→ゲームの最新情報をランキングでチェックしよう!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。